エコカー減税の悪影響、良いことばかりではない

日本国民がここまで燃費にうるさくなったのは国がいけないのです。
そもそも燃費性能というものが何なのかもわからず、ただ単に燃費と書かれた数字が多ければ多いほどいいと言った形で見ている方がほとんどとなっている中で、燃費がよければ税金が安くなりますよ・・・といった税制を施行したものですから、誰もかれも「燃費!燃費!」となってしまうのです。
人間というものは好きなものを買う時はどんどんお金を使う癖に、同じお金でも税金は払いたがらないものです。
そもそも税制において、燃費を向上させる目的は、近年無くなってしまうのではないかといわれている石油を温存するためということらしいですが、石油埋蔵量はまだまだ尽きることはなく、ただそれまでの石油の掘削技術がなかったことから、石油が無くなるというよりか、掘り起こすことができる石油の量が少なくなるというのが本当のところで、最近では石油の掘削技術も急激に発展しており、掘り起こすことをできる石油の量はむしろ増えているといった状態なのです。
要するにエコの観点から石油を節約する必要がなくなったということです。
となると残る理由は「ガソリン代をケチりたい」というのと「税金を払いたくない」という2つの理由しかなくなってしまうのです。
そもそもエコカー減税や今は行っていませんがエコカー補助金などというものはある自動車メーカーのある車種をたくさん売るために国が仕組んだものですので、そもそも何の役にも立たないのです。
消費税云々といわれていますが、ここは消費税は据え置き、そのかわりエコカー減税をやめた方が理になっていると思います。