リコール続きのフィットのセダンモデル

リコールで大騒ぎとなったホンダのフィットですが、それが落ち着いたのかフィットベースのセダンモデルを発売するに至ったようです。
名前はグレイス、この車は海外ではシティセダンとして売られていた車でそれを国内向けにしたものがグレイスなのです。
ベースは現行モデルのフィットハイブリッドでグレイスはハイブリッド専用モデルとなります。
基本となるところをすべてフィットハイブリッドと同じとするのでエンジンは1.5リッターに良くも悪くも話題になっているスポーツハイブリッドi-DCDが搭載されるようです。
燃費的にはボディ形状が変わり、空力特性や重量が変わってくるので何とも言えませんが、フィットハイブリッドの36.4km/Lより少し落ちるぐらいのものになるのでしょう。
走行性能的にもフィットハイブリッドに準ずるものになると思われますが、どちらかというとヴェゼルに近いものになるのではないでしょうか。
最近ホンダはアコードハイブリッドやレジェンドハイブリッド、そしてこのグレイスと4ドアセダンばかりを作っていますが、他の自動車メーカーでも4ドアセダンの新しいモデルが続々と作られているので、もしかしたら4ドアセダンブームが巻き起こるかもしれません。

車 高価買取