SAIのマイナーチェンジの変化

トヨタのSAIという車を知っているでしょうか?もともとプリウスの高級版として発売されたものの、そこそこ高価だったことから価格帯がレクサスのハイブリッドと被ってしまい、何となくポジションがはっきりしなかったためか販売台数もイマイチでした。そんなSAIが日の目を見たのはマイナーチェンジしてからでした。通常マイナーチェンジというと外観に関しては小規模な改修にとどめるものですが、SAIに関してはフルモデルチェンジと言っても納得できるくらいのデザイン変更がありました。特にフロントマスクは全くの別物といってもいいくらいに変えられて、マイナーチェンジ前の野暮ったいイメージからガラリと変わった都会的なかっこいいものへと変貌しました。デザインに関しては社長もべた褒めでしたね。
そのせいかはわかりませんが、もともとのSAIは走っているところを見ることはほとんどなかったのに、マイナーチェンジ後のSAIはかなり見るようになった気がします。確かに新しい方のSAIは買ってもいいなぁ、と思えるデザインになっています。それこそエンブレムをレクサスに取り替えても違和感がないのではないかと思うくらい(さすがに言い過ぎかも)に洗練されました。
ただ、個人的にはちょっとボンネットが短いのが気になります。前から見るといいのですが、横から見るとちょっと寸胴に見えるんですよね。まぁ、それを差し置いても欲しくなる車になりました。最初から今のデザインにしておけばもっと売れたんだろうなと思います。

チューニングカー 買取